猫さんに処方される、いくつかの下剤、便秘薬について。

お薬の詳細情報は、すべてテリーさんからいただきました。
テリーさんは人間のお薬についての専門家なので、効果や作用など、猫さんには完全に当てはまらない場合もあることを念頭においてお読みください。

また、お薬の効果、合う・合わないは、人間と同じで猫さんそれぞれです。
そちらも同様にご了承の上、お読みください。

お写真は、体験談をお寄せいただいた方からの提供です。

チネラック、ブルゼニド
チネラックブルゼニドは同じものです。
薬草のセンナの中の、有効成分であるセンノシドです。

大変良く効く便秘薬ですが、排便時に痛みを伴うこと、習慣性があることなどから、気をつけて使ったほうが良いかと思います。

 くーちゃん@みこさんの場合

病院からもらってる下剤、チネラックというのが、ひどい下痢と嘔吐がまる1日だらだらと続き、くーちゃんがとても苦しそうなんです。
目を覆いたくなるような下痢が一気に出るのではなく、24時間かけて、次の日まで続くこともあり、しかも肛門様からは常にダラダラ・・・・と下痢が出てる感じで、
最後のほうでは粘膜がダラダラ・・・・と流れ出てきます。

それに伴い、嘔吐も24時間続く感じで、下剤を投与してからの24時間は水も飲めないご飯も食べれない、本猫さんもグッタリ・・・という感じです。

 おしりちゃん@ねこまたさんの場合

ブルゼニド(錠剤)はおしりに合わなかったようで、飲むと嘔吐が・・。
嘔吐せずに飲めた時には効果てきめんでしたが。

痙攣性便秘や重い硬結便にはダメということですので、使用は慎重にしたほうがいいかもです。
この薬は飲み続けると効かなくなるようです。

 

モニラック
成分はラクツロース(人工的に合成された糖類の仲間)です。

人の消化管には、ラクツロースを単糖類に分解する酵素がないので、経口投与されたラクツロースは消化吸収されることなく大腸まで到達します。
ラクツロースは周囲の組織から水分を引き込み、便をやわらかくします。また、腸にたまった水分は蠕動運動を促進します。
ラクツロースはその作用をゆっくり発揮します。

人においては二日ほどたって効きだします。猫さんにおいても少し様子を見たほうが良いと思います。
消化吸収されないのに糖尿病の人に注意とは?と思われるでしょうが、実は、モニラックの中には、少しだけ乳糖などの他の糖類が含まれているからなのです。

ちなみに、同じ作用ですが、作用が急速にあらわれるものは、私たちが腸の検査の前に無理やり飲まされる大量の水薬。あれです。

 おしりちゃん@ねこまたさんの場合

シロップです。 甘ったるくてどろりとした、ガムシロップみたいなお薬です。
幼児の便秘にも使われるらしいけど、基本的には他の病気のお薬です(血液中のアンモニアの上昇を下げる薬)。

ごはんにかけて与えます。
おしりは7kgあるのでこれを毎食7mlと言われましたが、5mlを超えるとゲロです。
便は柔らかくなりますが蠕動運動がダメなので、柔らかくても なかなか出せません(涙)。

糖なので、糖尿病がある猫さんは使えないようです。

 

ラキソベロン
 おしりちゃん@ねこまたさんの場合

これは人間の便秘薬としても一般的なようです。
目薬みたいな入れ物に入っている透明な無味無臭の液体です。

ネコの場合2,3滴で効くと言われましたが、おしりは10滴以上たらしても
効果なしで・・・。(ごはんにかける)
腸内に善玉菌がいっぱいいないとうまく働かないそうです。

だからこれを飲ませるなら、ビフィズスオリゴとか、ビオフェルミンとかヨーグルト(腸まで菌が届くやつ)とかをあげたほうがいいらしい。

この薬は使ってると効かなくなるってことはないようです。
お腹は痛くなるみたい(人間で使ったヒトが言ってました)。

 

マルツエキス

でんぷんに麦芽を作用させ、麦芽糖にします。
また、カリウム塩を加えます。

麦芽糖は、でんぷんが分解されて最後にブドウ糖になって体に吸収される、その前の段階の糖の一つですね。
小腸でブドウ糖にまで分解されて吸収されますが、ある程度の量を取ると分解されきれずに大腸まで到達ます。
そして、麦芽糖は腸内細菌で発酵します。有機酸ができます。
有機酸は腸を刺激して蠕動運動を促進します。

刺激といっても、麦芽糖はゆっくり穏やかに発酵しますので、刺激は緩やかです。
カリウム塩は腸に水分をためる働きがあります。
これも蠕動運動を誘発します。
というわけで、麦芽糖は、カリウム塩の働きとあいまって、下剤として働きます。

栄養として吸収もされるので、栄養を与えながら下剤としても働く優れものなのです。
また、純粋に栄養分として、乳幼児の栄養補給にも使われます。
低カロリー甘味料の入っているガムとか飴をたくさん食べるとお腹がゆるくなる事があります。
消化吸収がされにくい糖類を使っているからです。
麦芽糖の下剤の作用はそれと似たものだと思ってくださったら良いと思います。

ちなみに、マルツエキスは、町の薬局でも購入できますが、医療用医薬品でもありますので、病院で出されるお薬としても使われます。

 管理人より

穏やかでとてもよい便秘薬ですが、今のところ、獣医さんからマルツエキス処方されたという猫さんのお話を聞いていません。
(私が知らないだけで、猫さんにも処方されるお薬かもしれません)
成分を見る限り猫さんにも安全であるように思いますが、試される場合は獣医さんに相談してからにしてくださいね。

 くーちゃん@みこさんの場合

意を決して使ってみた「マルツエキス」の報告です。

くーちゃんにはまず3日間、朝と夜、ご飯に混ぜて投与しました。
少量(6分の1包)くらいから始めました。

初日は夜ご飯の時から開始。
次の日(2日目)の朝ごはん時にはまだうんち君は出る気配なく、なので朝ごはん時にほんのちょこっと量を増やして(5分の1包)投与。
そしたら、その日の夕方にはデカくて硬いブツが4センチほどお目見え。

続けて、2日目の夜ご飯時も投与。
すると、夜中にまた数センチのデカくて短いブツが出ました。

3日目の朝ごはん後に、すぐ5センチくらいのが出て、夜ご飯後にもすぐに数センチ出ました。
3日間、続けたその時点で薬投与をぴたっと止めてみました。

ですけど、4日目も5日目も・・・以下、昨日(10日目)までずっと続けて、毎食後にうんち君が出ています。
今日は朝ごはん後には出なかったので、今また様子見してるところです。

そんな感じで、3日だけ投与してみましたが、これまでは1週間も10日間も出なかったうんち君が毎日、しかも毎食後にちょこっとずつ出てきてます。凄く調子が良いです。
くーちゃんには合うかな、と思いました。

ただ、巨大結腸症というだけあって、かなりデカくてカチコチのうんち君なので(幅がデカイ分、長さは短いです)、それを産む際には「ギャーーーー」と物凄い悲鳴を上げますが、ひどい下痢よりはずっといいかな、って思ってます。
そんな感じで、くーちゃんにはこれからも使いすぎないように、使っていきたいと思ってます。

糖の影響か?こころなしか、元気が出てきたような気もしています。

 

ビオスリー
発売元・東亜新薬株式会社 製造元・東亜薬品工業株式会社


(↑ 画像はクリックで拡大します)

このお薬は乳酸菌の仲間です。
乳酸菌の仲間のラクトミンや酪酸菌からできています。 
腸にやさしい善玉の乳酸菌を補い、悪玉の腸内細菌を追い出します。
その結果、下痢や腸のゴロゴロが改善され、おなかの調子がよくなってきます。

おもに下痢症に用いますが、便秘にもいいです。
乳酸菌製剤は、強力な作用はありませんが、どのような症状にも安心して使えます。
抗生物質による下痢を防ぐ目的で、いっしょに飲むことも多いです。
抗生物質によって死滅してしまう善玉菌を補うわけです。

注意)牛乳の成分が含まれますので、牛乳アレルギーのある人は飲めません。

服用時の注意)胃に食べ物のない空腹時に飲むと、効果が落ちます。 

 まりあちゃん@megmegさんの場合

ウチのまりあは「ヨーグル2」というサプリで週3回(カチカチ+マッサージ必要)で落ち着いていましたが、
膀胱炎の時に、抗生剤を飲む事で超便秘(出ないっ)+ネフガードが始まり超超便秘(絶対出ないっ)と最悪パターンになってしまいました。

病院で相談したら、先生がやっと調べてくれた様で、「ビオスリー」というお薬が頂けました。
このお薬は抗生剤にも負けず、毎日でまして、1週間目には「イイにおい」付きまで出たんです(数年ぶり~♪)

しかし病院のお薬が高い為、メーカーに相談したところ、市販のビオスリーHで、代用できる事となりました。
このお薬は、牛乳にアレルギーのある方には使用できませんし、すべての猫ちゃんに効く訳では無いでしょうが、参考までに・・・。

病院で処方されたビオスリー錠がコレです。(画像はクリックで拡大します)

まりあ体重3.3kgで、朝晩1錠づつでした。

ビオスリーHに代替すると、1錠=1g入りの1/5だそうです。

☆東亜薬品さんの回答もペッタン☆

人体用ですが、動物用にお使い頂いて、もちろん問題ありません。
粉剤ですので餌に混ぜてお与え下さい。
1分包で錠剤の5倍の成分となりますので、現在獣医さんに処方頂いている錠剤容量/一回と比較して、その見当でお使い下さい。

特に用法上の留意点はありません。
生菌剤は体にやさしいお薬ですので安心して、少量でも長期間お使い頂くほうが効果が出てまいります。
お腹の中が善玉菌優勢になりますと、便性が改善されます。

 

黄色ワセリン

ワセリンには大きく分けて白色と黄色がありますが、猫さんの便秘に処方されるのは黄色ワセリンが多いようです。

ニンゲンには、皮膚の保護剤として使われます。
外用薬で、内服として処方されることはないようです。
詳しい効能などは、お薬110番の白色ワセリンのページで。

白色ワセリンと黄色ワセリンの違いは脱色の度合いだけで、『本質的に相違はない。』となっています。
(厚生労働相のサイト内、こちらのページより。)

なら、白色ワセリンでもいいのでは?
・・・という疑問が当然湧くわけですが。
情報不足で、結論不明。どうなのでしょう?

 あやめちゃん@かりんさんの場合

黄色ワセリン

7年位巨大結腸症の便秘と付き合ってきたのですけど、とうとう去年の6月に自力で便を出すことができなくなって、獣医さんで麻酔をして摘便してもらいました。
大変でした~、ぐったりして3日程寝たきりでした。
その時に便を軟らかくする薬ということで、黄色ワセリンを処方されました。

量も回数も効き目もわからなかったので、一日4回位飲ませてました。
最初はまだ硬い便が残っていて、詰まっていたようで次の週にまたひどい便秘になって、また麻酔で摘便・・・。
薬を飲ませて10日目位に自力で便が出せるようになりました。

それからは、順調にと言っても1~4日空くこともありますが、苦しまないで便が出ています。
踏ん張りゲーは一回もしていません。

一ヶ月くらいで薬の量とペースが分かってきて、うちの子の場合は小指の第一関節の半分くらいを一日2回だいたい同じ時間に与えるようにしています。

ペースト状で、無味無臭なので飲ませやすいですが、冬場は硬くなり、吐き出しやすく、飲み込みにくいようなので、人肌に温めて柔らかくして、与えています。
ヘラで上顎のあたりにサッと塗りつけると、嫌々舐めてくれます。

うちの猫達はドライ派のせいか、妹のほうも出が悪くなりつつあって、よく踏ん張りゲーをするようになってきたので、こちらには一日一回飲ませてみたのですが飲ませると快便になります。
今は、二匹とも食欲があって元気なので、私も精神的にとても楽になりました。

黄色ワセリンには賛否あるようですし、副作用も気になるし、使用する時は獣医さんによく相談してくださいね。

 

最後に、情報をいただいたテリーさんからの言葉を

人においても、寝たきりの患者さんや、先天的に障害のある患者さんなどの頑固な便秘にもっとも有効なのはマッサージです。
摘便も有効です。

皆さんの猫さんが快適な排便が行えますよう、お祈りしています。

下剤・便秘薬 への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>