何歳になってもかわいい猫さん(うらやましい)。
何も変わらないように見えますが、やはり少しずつ年を取っているようです。

若い頃は目の色が茶色だったのに、だんだん色が薄くなり、8~9歳頃には完全にグリーンに変化。

1984年・1歳 2002年・19歳

 若い頃はくっきりしていたトラ縞模様がぼやぼやになって、全体に白っぽくなり、薄茶と白のツートーンになりました。
白髪が増えたせいだと思います。

毛並みはしっとり艶々だったのが、乾燥してふわふわの手触りになりました。
さらに進んで、毛が束ごとにぱかっと割れて、毛割れ(?)を起こすようになります。

1984年・1歳

トラ柄くっきり、しっとりつやつや

1994年・11歳

白髪が出てきて、手触りふわふわ

2002年・19歳

シマシマのトラ模様がなくなりました。
毛割れして、松ぼっくりみたい。

王様。あのシマシマはどこへいったんでしょうね。
ほら、王様のあの、トラ模様のシマシマですよ。

なんてよく話しかけています。 

鼻にほくろ(そばかす?)ができました。
若い頃はピンクで染みひとつなかったのが、10歳くらいにほくろがひとつできて、それから少しずつ増えていきました。

1984年・1歳

写真がボケてるが、ピンク1色

2002年・19歳

ほくろ、しみ、そばかすがいっぱい

 13~14歳くらいから、赤い目やにが出るようになりました。
病院を変えて何回か見てもらいましたが、なんでもないと言われました。
年のせいでドライアイになっているらしいです。

小さい頃から便秘がちでしたが、7~8歳くらいからひどくなりました。

むちむちで体重は7kgありましたが、10歳前後から少しずつ痩せていったようです。

並べてみると、やっぱり顔も変わりましたね。
でもかわいいのは変わらない。

1984年・1歳 1992年・9歳 2000年・17歳 

1999年(16歳)くらいから、以前のように狂ったように遊ばなくなった。

1999年頃から手足の爪が引っ込まなくなり、床を歩くとカシャカシャ音がするように。
ベッドやソファに爪が引っかかって、ぶら~んと宙吊りになることも。
→証拠写真

肉球回りの毛が長くなって、ぼーぼーに。
そのせいかフローリングの床で滑りやすくなった。

いつの間にか脚がO脚になりました。

同じく2000年(17歳)頃から、自然な動きで横に寝られなくなった。
そろそろと前脚を折りながら身体をななめに傾けていって、60度くらいになったら、いきなり「ばったん!」と倒れて横になる。
関節が痛いのかもしれません。

2002年(19歳)頃から記憶力が落ちたようです。
何か用事があってソファを降りるらしいのですが、なんの用事か途中で忘れてしまい、困ったように部屋の真ん中で佇んだ後、ソファに帰ってきてしまいます。
これを何回か繰り返した後、やっとご飯を食べに行ったりトイレに入ったり。

同じ頃、遊ぼうと誘ってもお義理でちょいちょいとするだけに。

2002年6月、慢性腎不全で2泊3日の入院から戻ってきてから夜鳴きをするように。
治まったりまた始まったりが夏中続きました。
ニンゲンのベッドに来なくなったので、こちらから王様シェルターのそばに布団を敷いて寝るようにしたら段々治まりました。

サービス企画・熟猫さんの肉球比べ

いっちゃん キャサリンちゃん ちょしちゃん お嬢ちゃん mooちゃん

 みんな15歳以上の熟猫さんばかり。若猫ちゃんとどこか違う?

おまけ

  いっちゃんの引っ込まないツメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>