その兆候は7~8歳頃からありました。トイレ以外のところで排便するようになったのです。
たいてい自分がいつもいる場所、クッションの上や押入れの中ですることが多かった。
なぜお気に入りの場所でうんこ?疑問でした。
その当時はトイレを玄関に置いていたので、落ち着かなくていやなのかと思い、部屋の中に入れましたが無駄でした。

10歳くらいになったら、今度は私がよくいる場所でするように。
寝ようと思って布団をめくったら、うんこ。
ソファに座ろうと思ったら、うんこ。
危険です。

12歳を過ぎた頃からいよいよエスカレートし、あろうことか私の上でするように。
寝ていると、おでこのあたりにいっちゃんの毛が触る。
いつも私の顔の回りで寝ているので、別に不思議じゃない。
半分眠りながらいっちゃんを撫でてたら、なんか変・・。
ぎゃっ、ふんばってる!
私のおでこにお尻を乗っけてふんばってる!
・・・ああ、気がついてよかった。
危機一髪でした。

ソファに座ってる私の膝の上に乗っかってきて、ごろんと横になる。
いつものことなので、別に不思議じゃない。
撫でてたら、あれ?膝にツメを立ててる・・。
なんで?
うあっ、ふんばってる!
私の膝の上で寝うんこ状態でふんばってる!

・・・あああ。
こんなことがしょっちゅうありました。
なぜか私の上でしかしない。同居人くりくりの上ではしない。
変態猫と人に吹聴していましたが、今にして思えば、これらは全て
「んこ出ない!苦しい!何とかしてくれ!」
のサインだったのだと思います。 

17歳を過ぎた頃から、便秘がひどくて頑張ってもなかなか出なくて吐く、ということがたまに起こるようになりました。
私はなすすべもなく、いっちゃんの横で「がんばれ!」と声援を送るのみでした。

2002年の6月に慢性腎不全が発覚してから、吐くことが多くなりました。
体調が悪いと気持ちも悪いようで、吐く。
排便で吐く回数も増えた。
もう、ただ横で声援を送ってるわけにはいきません。
なんとかせねば。

ケアと対策に進む   王様館トップ

王様の便秘の歴史 への1件のコメント

http://t04rugk0t.ppwsf.cn にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>